ご予約はこちらから

jkeisuke★gmail.com (★を@に)

2017年03月18日

<本気で身につける連続講座(第2期)> 募集開始! 5月27日(土)開講

DSCF2831のコピー.jpg

<<<人と関わる人のためのマインドフルネス
       〜対人援助と日常での実践とセルフケア>>>

【どんな講座?】
 今ここに意識を向ける「気づきの瞑想マインドフルネス」をあらゆる場面で活用し、自らの現実をクリエイトしていくための実践講座です。「人と関わる人」に欠かせないケルフケアと、対人関係で活かせるマインドフルネスに焦点を当てます。
 とりわけ、自分とつながり、自己信頼と安らぎを基盤に、怖れなく思い切って物事に取り組む実践を身につけます。それによって、人間関係が楽になり、積極的に現実に関わっていけるようになるでしょう。
 講座では、脳科学や心理学的な知見も踏まえて、より実践的に学び、参加者一人ひとりの気づきをうながしていきます。期間中は課題によって日常的に取り組み、講師とメールでやりとりし、参加者どうしのシェアによって学びを深めていきます。
※第2期からはマインドフルネス広場の自由参加、オンラインも含めて学びの機会を倍増しました。

【講師からのメッセージ】
 マインドフルネスは、日常の中で活用する、自分を見つめ、楽になり、自分らしく輝いて生きるための実践です。基本は、未来に先延ばしせずに「今ここにある豊かさに気づくこと」。たんなる手法ではなく、目的や自我意識から解放され、自由にのびのび生きるための根本的な意識の転換です。マインドフルネスと切り離せない深い仏教の教えや、古今東西の智慧、講師自身の豊富な経験から、実践的にお伝えします。

【マイントフルネスとは?】
 欧米の有名企業の社員向けトレーニングばかりでなく、医療現場や教育や家庭など、様々な場面で応用されているマインドフルネス。「評価や価値判断にとらわれることなく、今の瞬間に意識を向ける」この実践は、ストレス軽減、脳の活性化、チームワークや生産性の向上、創造性の発揮などの効果ばかりでなく、生き方を根本的に変容させるプログラムとして注目されています。

【講師】 島田啓介
 精神保健福祉士、カウンセラー、大学講師(看護学科)、翻訳家、ワークショップハウス「ゆとり家」主宰。マインドフルネスをテーマに講演、ワークショップ、研修を各地で行い、世界的に知られた禅僧ティク・ナット・ハンのメソッドによる瞑想会を毎月主催。活動がNHKの「心の時代」や雑誌「クロワッサン」「サンガジャパン」などで紹介される。マインドフルネス、瞑想、心理学、セラピーなどの分野の翻訳や執筆多数。最新刊「怖れ〜心の嵐を乗り越えるための深い智慧」(サンガ)近刊「今このとき、すばらしいこのとき」(サンガ)など。

17265077_1262925010452636_8257235193783501546_n.jpg

【開催日時】
*前期(1st Step「知る・体験する」) 5月27日 6月17 7月15日 
*後期(2nd Step「使う・実践する」) 8月19日 9月16日 10月14日
 <いずれも土曜日 15〜18時>

【会場】
 新宿周辺の会場を準備中(3月中に決定) ※詳細はお申し込み後にお知らせします。

【受講者特典】
〔特典1〕実践と分かち合いの講座『マインドフルネス広場』を以下の期間無料で受講できます(前後期期間中6回開催予定)
*開講予定:5月20日 6月10日 7月22日 8月26日 9月30日 10月21日
 いずれも土曜日 13〜17時 渋谷区内会場にて(※こちらは会場の都合で日程が変更の可能性あり)

〔特典2〕オンラインで個別講座も受けることができます(料金別途)

【講座の概要】
 ★前期 1st Step「知る・体験する」
  <理論編>
   基礎と実践のための重要ポイント。
   マインドフルネスの歴史、社会的背景。
   仏教の基本と心理学、脳科学、人の身心との関係など。
  <実践編>
   リラクセーション、呼吸の実践。
   身体感覚の観方とアプローチ。
   動作、姿勢のマインドフルネスなど。

 ★後期:2nd Step 「使う・実践する」
  <理論編>
   心の仕組み。苦しみと幸福。
   ストレスの原因と取り組み。
   現実の理解と実践の手がかり。
   対人関係のマインドフルネスなど。
  <実践編>
   感情や心の動きの見方。
   ボディワークや心理的手法との統合。
   現象と心の関係性。人間関係の取り組み。
   心の解放と、現実を創造すること。

【対象】
 対人援助職や、ビジネスや家庭などで日常的に人に関わる方

【定員】15名
 前期のみ・後期のみの申し込みも可能ですが、日々の実践を通じて理解を深め、活用していただくため、全6回通しでお申し込みの方を優先させていただきます。

【料金】
*全6回通し受講+マインドフルネス広場6回
 65000円
*前期・後期のみ受講
 38000円+マインドフルネス広場3回
*オンライン補講(Zoom利用 1回約1時間)
 8000円

【本講座に含まれるもの】
1) 事前アンケート〜講座への準備を整えるためのセルフチェック
2) 講座6回+マインドフルネス広場6回分(半期受講の場合は各3回になります)
3) 欠席時の動画配信サービス(出席した方も観られます)
4) 各回のまとめテキスト(スライドショーのプリント)
5) 一回ごとの日常の実践ワークシート(各自次回までに課題を実践します)
6) 講義や課題に関するメール相談(本気で身に着けられるよう、各々に最適なアドバイスをします)
7) 講評プリント(前期・後期終了時)
   ※各人の実践・応用へのアドバイスです
8) 修了証(前期・後期終了時)

【お申し込み方法】
 ゆとり家 https://www.yutoriya.net/
 *上記ゆとり家ウェブサイト内のお問い合わせフォームに、以下の項目を記入の上、ご送信ください。

 1) お名前
 2) ご所属(職種や立場など)
 3) メールアドレス
 4) 電話番号
 折り返しメールでお返事いたします。また準備が整い次第、支払い方法などを含め、正式申し込みについてご連絡いたします。

【ここまで読んでくださった方へ】
 マインドフルネスの練習はもう始まっています。あなたのお金がどこから来たのか、それを何に使いたいのか、立ち止まって考えてみましょう。お金を使うことは、自分がどう生きたいのかの宣言です。申し込まれる方も、そうでない方も、毎日の練習になります。(なお経済的に困難がある方は、申し込み時にご相談ください)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
★ここから下は、第1期の参加者のみなさんのご感想です。23名の感想から、ごく一部を抜粋させていただきました↓
【第1期生(2016年 7月〜12月)のご感想】 
 
★講座だけでなく、各回にでた課題を通して、マインドフルネスを毎日の中で実践できたことは大きかったです。その中で自然と気づきが深まり、それによって日常の見え方や感じ方が変わっていくのが実感できる半年間になりました。
 マインドフルネスを実践してきた人ならではの生き方を体現しているだーさんだからこそ、信頼して、迷いなくこの講座に打ち込むことができたと思います。先輩としての地に足のついた言葉は、心強い希望となって継続を支えてくれています。

★課題の「相手の深い望みを知る」が、とても役に立っています。この課題を通して自分の感情とつながっていくことの大切さを学んでいるのだと思います。「心地良さ」の感情も大切にし、不快な感情とも大切につながることを学んでいます。
 この自分の感情の対処の仕方は、私の場合だけでなく他のみなさんの介護の現場でもより有効な方法として役立っていくのではないでしょうか。

★慈悲の心を学べたこと 、微笑みと苦しさを両方いっぱい感じたこと。嫌な人、見たくないもの、事柄も、悪いから、おかしいからとか一方向から見るのではなく、いろんな事情、繋がりを見ようとするようになったこと。
落ち着いてない自分に気付けるようになったこと。自分にも栄養をいっぱいあげてよいと思えるようになったことなどです。

★講座というよりトレーニングであったと思います。つらいときもありましたが、体験は残ります。一時的に後退することはあっても、体得したところまでは戻れます。よき友と出会うということが一つの目標でしたが、ここは60点くらいと自己採点しています。さほど面識がない人と、打ち解けて深い相談ができるようになった気がします。

★普段の日常生活の場に、瞑想、今を生きることがあり、瞑想会はイベントではなく日常であること。
漢字の書き取りのように続けること!主婦の仕事と私自身の趣味は、瞑想そのものだと気づきました!
掃除、料理、キルト、バレエ等。もっと細かく鋭敏に軸を感じたいと、思うようになりました。

★連続講座、本当にありがとうございました!素晴らしい講座で、たくさんの気づきが得られました! 感動する芸術作品は、全て軸がしっかりとしてしているからだな〜と感じました。今にしっかり立たてる、存在すると、良い音がうまれたり、素晴らしい線が描けたり、美しい踊りや立ち姿になるのだなぁ〜なんて感じました!少しでも私自身の研ぎ澄まされた音、線、を感じ取りたいと思いました。

★とても苦しい状態にいた時に講座のスタートを迎えました。どうしたらいいかわからない中、とにかくこの講座を通してマインドフルネスを実践することに集中しようと決め、半年間を過ごしました。講座の内容を手がかりにしながら、課題を実践する中で実体験としての気づきを得て、そこから見える景色を深く感じながら生活するという毎日でした。そうするうちに次第に苦しさがゆるみ、やわらかな気持ちで過ごせる時間が増えていきました。環境や状況が変わらなくても、自分の状態が変わることで幸せな変容がおこることを確かに感じています。
posted by Dah at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ゆとり家カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448101644
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック