ご予約はこちらから

jkeisuke★gmail.com (★を@に)

2019年12月05日

12月14日(土)鎌倉マインドフルネスデー

DSC09988 (2).JPG

鎌倉で月に1回、マインドフルネスの瞑想を一緒にしませんか? 誰でも気軽に参加できる半日瞑想会です。

今年最後の鎌倉マインドフルネス・デーです。年末に向けて、新しい一年を迎える前に、ゆっくり自分と向き合う時間をもちませんか?

定期的にマインドフルネス瞑想を実践したい、または、初めてだけど体験してみたい、という方に向けて、Zen2.0でも登壇された、島田啓介さんにリードをお願いし、鎌倉で月1回の瞑想会を開催しています。

禅僧ティクナットハンの翻訳の第一人者であり、1990年代からマインドフルネスの実践を続けている島田啓介さんによるお話と、ボディスキャンのくつろぐ瞑想、座る瞑想などさまざまなマインドフルネスの実践を体験できます。

ひとりで瞑想する時間が取りにくいという方も、マインドフルネスに興味がある、初めてだけど体験してみたいという方も大歓迎です。

そのときの参加者に合わせて、さまざまなプラクティスを行う予定です。瞑想会のあとは時間があれば歓談タイムにご参加ください。

〜島田さんからメッセージ〜
とりあえず用事は後回しにして、忙しい生活から離れ、半日静かな場所に身を置いてみる。そこで安心とくつろぎの時間を自分にプレゼントします。「用事をこなす」モードから「ゆっくりと味わう」モードに切り替えて、「今ここに生きている自分」、仲間や自然の中の、生き生きとしたフレッシュな要素に触れます。それは子どものころ、はじめて目にしためずらしい景色や、おいしいものや、すてきな言葉かもしれない。私たちは忘れているだけなのです。いつでも、幸せは今ここにあります。マインドフルネスは、思い出すためにあります。それは日常の中にたくさんあるのです。一緒に見つけるための練習をしましょう。

ガイド 島田啓介さん
丹沢の里山で生活しながら、カウンセリング・翻訳・執筆・出張講座を行っている。90年代初期に出会ったマインドフルネス瞑想を実践しながら、様々な分野での伝え手となる。95年のティク・ナット・ハン来日ツアーの中心メンバーで、師の著作の翻訳の多くを手がける。
マインドフルネスを中心にした講演、講座、研修など多数。翻訳書や雑誌などへの執筆多数。講師を勤める大学の授業、出張講座、オンライン講座、個人面談にも、「日常で活かせるマインドフルネス」の手法を取り入れている。
翻訳の最新刊に『ティク・ナット・ハン詩集:私を本当の名前で呼んでください』(野草社)、『パートナーシップのマインドフルネス:愛を育てる瞑想のプラクティス』(サンガ:ジョン・ウェルウッド著)他。6月に自著『奇跡をひらくマインドフルネスの旅:本当の自分に帰り豊かに生きるための20のレッスン』(サンガ)出版予定。
「ゆとり家」 https://www.yutoriya.net/

【日時】 
2019年12月14日(土)
13時〜16時(遅刻、早退の場合は静かにお願いします)
16時〜17時 歓談タイム(自由参加)

〜今後の予定〜
1月はお休みです。
2020年2月16日(日)
2020年3月15日(日)
その後の日程も決まり次第、お知らせします。

★問い合わせ先→お申し込みもこちらへ!
mindfulkamakura@gmail.com

【場所】 
鎌倉 大町会館 (鎌倉駅より徒歩約10分)
鎌倉市大町1-11-17

【参加費】 ドネーション
(会場費、交通費、謝礼など経費に使うためご協力お願いします)

【持ち物】
各自飲み物
歓談タイムのお菓子など持ち寄り歓迎
posted by Dah at 11:26| Comment(0) | ゆとり家カレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする